全集中の呼吸

波乱の2020年、そんな中、『鬼滅の刃』の人気は相変わらず凄まじいですね。 


子どもたちにとっても、純粋にワクワクドキドキできる瞬間や楽しみがあることでコロナ禍における不安や心配が多少なりとも軽減できたのではないかと思います。 


そんな鬼滅の刃の登場人物に「冨岡義勇 とみおか・ぎゆう」という人気キャラクターがいます。


主人公の兄弟子にもあたり、「水の呼吸」の柱で強くてイケメンでクールで少し天然なキャラクターです。 





この「義勇」という名前は一説によると、


新渡戸稲造の著書「武士道」


より引用しているのではないかと言われています。 





新渡戸稲造? 





はて?




誰だっけ??




にとべ・いなぞう.....




以前の五千円札の肖像画の人と言えばピンと来るのでは。







江戸時代に生まれ、国際的な政治家、農学者、教育者として活躍されたとても偉〜い方です。 


「武士道」を通して、日本人を世界に伝えた人でもあります。





そんな彼が残した数々の言葉の中に、 



「立ち止まることも勇気である」 



という言葉があります。 





聞いたことある言葉ですよね。




それは文字通り、

「休む・休息をとる」ということかもしれません。 



あるいは、

「発信する・与えるのをやめてみる」ということかもしれません。 



はたまた、

「期待すること・見返りを一度諦める」という解釈もできるかもしれません。



仕事や恋愛、子育て、家族友人関係、


人それぞれに、その時々に、聞こえ方、捉え方、感じ方は違うと思います。 



何かに一生懸命になっていると、まわりが見えなくなる時があります。



まさに、鬼滅のキャラ「伊之助」のごとく


猪突猛進!!



もちろん、悪いことではないと思います。


でもたまに、、、

空回りすることがあります。




「チッ、どいつもこいつも(怒)」




って、なる時ありませんか?(笑)




私の経験上ですが、大体そんな時はまわりよりも自分に原因があります





新渡戸さんの「勇気」という言葉は、

強さであり、優しさであり、そして落ち着きだそうです。


何か目標や想いに向かって走り出すことは素敵なことだと思います。


だからこそ、時々立ち止まって、大きく深呼吸してみませんか。 



落ち着いて見ることで改めて気づくこともあるかもしれません。




それが、鬼殺隊の柱が極めた


「全集中の呼吸」です。



(ちがうけど)



私もパパ柱を目指して頑張ります!!