心理コラム③  【ストレスとのつきあいかた】

早いもので、新年度に入りもうすぐ1ヶ月が経とうとしています🌸


新年度は就職、転勤、移動、入学、進学etc…


生活環境が大きく変化する時期ですが、皆さんはどのように過ごされたでしょうか。


ぷらっとほうむのお子さんも新しい環境に戸惑いながらも、少しずつ慣れていこうと頑張っているところだと思います。


新しい環境に適応するというのは相当なストレスを感じる出来事ですよね。


ストレスと無縁な人生を送ることは不可能ですが、上手に付き合うことで、ストレスをエネルギーに変えることも可能です!


今回はストレスについて正しく知り、上手に乗り切る方法を考えていきます!




「ストレス」と聞いて何を思い浮かべますか?


一般的にはストレスはマイナスもの、無くした方が良いものと思われがちですが、実はストレスには良い面もあります。


そもそも「ストレス」とは一体何でしょうか?





「辛いこと」「悲しいこと」等ネガティブなことだけがストレスではなく、日常感じているあらゆる刺激がストレスと言えます。


「楽しみだな~!」とか「ワクワクするな~!」というポジティブな出来事も広い意味ではストレスなのです


結婚や出産、楽しみな出来事の直前など思い浮かべると分かりやすいかもしれません。


(私も子供のころは遠足の前日が楽しみすぎて当日発熱するタイプでした 笑)



このように、生きていく上でストレスは避けられないものです。


しかし「自分が付き合えるほどの「ある程度のストレス」は人間が生きるために必要なのです!


例えば、「お腹が減る」ことも日常的に感じるストレスです。食べなければ死んでしまいますから、空腹というストレスが危機を知らせてくれるのです。





人はストレスを感じなければ生きていけません。


大切なのはストレスを完全になくすのではなく、自分なりのストレスとの付き合い方や、立ち直る方法を知っておくことです。


(この「立ち直る力」「心の回復力」は、以前立石先生のコラムで取り上げたレジリエンス」とも関係しています。お時間ありましたら是非ご覧ください。)


自分なりのストレス発散方法(ストレスコーピング)を持っていますか?


「いつもこんなことでイライラしないのに…ちょっと疲れているな…」


など、小さなことでもストレスを感じたら、沢山自分をいたわってください






日常的なちょっとしたストレスは、むしろ健康に良いと言われており、ストレスも見方を変えればポジティブな側面があります。


また、ストレスは使い方によっては人生の良いスパイスにもなり、「悔しい」「もう少し頑張ってみよう」というエネルギー源にもなります!

コロナもいつ終息するのか分からず…先行き不安な現代ですが、自分なりのストレス対処方法も見つけて、大変な時期を乗り越えていきましょう!



【関連記事】


レジリエンスの高め方:ステップ1

「生活習慣を整える」の記事はこちら



レジリエンスの高め方:ステップ2

「人を頼って成功する体験を増やす」の記事はこちら



レジリエンスの高め方:ステップ3

「興味を役割を持つ」の記事はこちら



レジリエンスの高め方:ステップ4

「サポートを受けて気持ちを切り替える」